プロ球団招致 新潟市長に要望書 野球2団体 ドーム球場建設も

©株式会社新潟日報社

中原八一市長に要望書を手渡す県野球協議会の高橋勇四郎理事長(右)=28日、新潟市役所

 新潟県内の野球団体などでつくる県野球協議会と、企業経営者らでつくる県ベースボールサポートクラブは28日、中原八一新潟市長にプロ野球の球団招致とドーム球場建設への協力を要望した。

 協議会の高橋勇四郎理事長らが新潟市役所を訪れ要望を盛り込んだ「NIIGATA GLOBAL DOME計画」を手渡した。

 球団はBCリーグの新潟アルビレックスBCのNPB(日本野球機構)への参入か、在京球団の招致により実現を目指すとした。ドームは「いくとぴあ食花」(中央区清五郎)の県道を挟んだ向かいの農地を提案。事業費は約400億円を見込み、新潟市と県民の寄付で用地を取得、民間事業者が建設・運営するとしている。

 協議会は「コンサートにも活用できる。交流人口の増加などで、県や市の活性化につなげたい」としている。