東日本の太平洋側 9月前半は残暑厳しい 1か月予報

©株式会社ウェザーマップ

1か月予報(平均気温)。出典:気象庁ホームページ

気象庁は29日、向こう1か月(8/31~9/30)の天候の見通しを発表した。北・東日本と沖縄・奄美では、暖かい空気に覆われやすく気温が高い見込み。特に、東日本太平洋側は、9月前半にかなり高くなる可能性がある。

 

高温に関する早期天候情報。

また、北日本太平洋側と東・西日本日本海側は、前線や湿った空気の影響で、向こう1か月の降水量は平年並か多く、日照時間は平年並か少なくなりそうだ。沖縄・奄美では、平年に比べ晴れの日が多く、8月23日発表の3か月予報における9月の気温予報に比べ、高温となる可能性が大きくなった。

1か月予報(降水量)。出典:気象庁ホームページ

 週ごとの予報によると、1週目(8/31~9/6)は日本の南で太平洋高気圧が西へ張り出すが、黄海から日本海にかけては気圧の谷となり、西日本を中心に東日本にかけて湿った空気が流れ込みやすい予想だ。気温は、北・東日本と沖縄・奄美で平年より高い見込み。特に、東海は5日(木)頃から、関東甲信は6日(金)頃からの5日間ほどは、気温が平年よりかなり高くなる可能性がある。このため気象庁は東海と関東甲信に「高温に関する早期天候情報」を発表し、農作物や家畜の管理等に注意するとともに、熱中症など健康管理にも注意するよう呼びかけている。

1か月予報(日照時間)。出典:気象庁ホームページ

 2週目(9/7~9/13)は全国的に暖かい空気に覆われやすく、高温傾向が見込まれる。北日本太平洋側では高気圧のへりを回る湿った空気の影響で、平年より雨が多くなりそうだ。また、東・西日本日本海側でも、南西からの湿った空気の影響で、多雨傾向が見込まれている。3~4週目(9/14/~9/27)は、北日本太平洋側で湿った空気の影響を受ける時期があるが、日本付近は高気圧に覆われやすい見込み。気温は北・東・西日本で平年より高くなりそうだ。