高橋ユウが「野郎組」担任・濵田崇裕の妻役!「安心していい嫁になれました」

©株式会社東京ニュース通信社

8月31日に放送するBS日テレの連続ドラマ「恋の病と野郎組」(土曜午後11:30)第7話に、ジャニーズWEST・濵田崇裕が演じる野郎組担任の“花セン”こと花岡飛鳥の妻・ふじ子役で高橋ユウが出演することが分かった。

同作は共学にもかかわらず、男女比の都合で作られた全員男子のクラス、通称“野郎組”に集められた男子高生8人が、「女子と話せない病」を患いながらも、女子との触れ合いを求め一致団結し奮闘する学園ラブコメディー。第7話では、七瀬誠(HiHi Jets・作間龍斗)が、以前付き合っていた「キンセンカ学園」に通う元カノの葵(小川未祐)から担任・花岡(濵田)への手紙を預かったことをきっかけに、野郎組に葵の友達と一緒に合コンでピクニックに行けるチャンスが訪れるストーリーが描かれる。そんな中、花岡の妻・ふじ子(高橋ユウ)が現れ、野郎組の面々にある衝撃を与える。

濵田との共演に高橋ユウは、「いい人なんだろうなという印象を持っていたんですが、今回の撮影でご一緒してみて、本当にいい人でした。明るくて現場のムードメーカーで、今回から撮影に参加した私にも気さくに話しかけてくださるなど気遣いが細やかで、安心していい嫁になれました」と報告。また、野郎組を演じるジャニーズjr.については、「皆さんとてもパワフルでエネルギッシュでかわいかったです! 暑い中、何度も全力で走っているのに、カット後も疲れた表情を見せずにすがすがしく爽やかで、そんな野郎組の皆さんの姿勢に刺激をいただきました」と称賛した。

そして、自身は昨年9月に結婚しており「結婚後、初めてドラマで奥さん役を演じたのですが、結婚前まではラブラブしているシーンなどは照れちゃっていたのに、普段の私に近い感じで演じることができました」と手応えを感じている。