桐谷健太&横浜流星が「4分間のマリーゴールド」で福士蒼汰の義理の兄弟に!

©株式会社東京ニュース通信社

TBS系で10月期放送の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(金曜午後10:00、開始日未定)で、主人公の救急救命士・花巻みこと(福士蒼汰)の義理の兄弟役で桐谷健太、横浜流星の出演が決まった。桐谷は長男の廉、横浜は弟の藍役を演じる。

ドラマはキリエ氏による同名漫画を原作に、手を重ねた人の“死の運命”が見えるみことが、ひそかに思いを寄せる義理の姉・沙羅(菜々緒)が1年後の28歳の誕生日にこの世を去る運命を知り、残酷な運命を変えようと立ち向かう姿が描かれる。

親同士の再婚によって、沙羅と共にみことの義理の兄弟になった廉と藍。廉は父親が亡くなり、母親も不在がちな花巻家の親代わり的な存在で、元ヤンキーで強面だが、誰よりも家族思いで、困った時はいつも寄り添ってくれる役どころ。末っ子の藍は兄弟の中で一番クールに見えるが、料理好きで家族の食事を作るのが楽しみという役柄となる。

桐谷は「僕が演じる廉は、花巻家の長男でありながら、家長として兄弟を守っていくという思いを持った強い男です。明るい性分で、見えないところで家族を支えている存在なんだろうなと思います。騒がしいのでバカにされつつも兄弟のことを一番に思っている、そんな廉の懐の深さみたいなものをにじみ出していければと思います。廉は格闘技好きなので、役作りのためにジムに通っているのですが、ハマってしまい今では個人的にも通っています」と意気込みを明かし、「福士蒼汰くんとは今回初めてお会いしましたが、イメージ通りの好青年で共演が楽しみになりました。菜々緒さんは共演しているCMでは怒られてばかりですが、それを忘れさせるくらい沙羅の役に入り込んでいるので、今作でどんな姿を見せてくれるのか楽しみです。横浜流星くんは、空気感がかわいらしいなと思いました。極真空手の世界チャンピオンと聞いて驚きましたが、長男として格闘技では負けられないと思っています」と共演者に刺激を受けている様子。

横浜も「僕が演じる藍は、末っ子の高校生なのですが、すごく大人びているように思います。家族の中では愛情を注がれて育っているのですが、自立しているが故に周囲になじめない子で、そのことを家族に話せなかったりもします。そんな思春期ならではの心情を丁寧に演じていければと思います」と意欲を見せており、「藍は花巻家の料理担当なのですが、僕自身はチャーハンと親子丼くらいしか作ったことがなくて…。これを機にイチから勉強して、楽しみながらもしっかりと料理シーンを演じたいと思います」と“料理男子”の一面もしっかり演じたいとアピールしている。