「青春高校3年C組」のメジャーデビュー&卒業式にNGT48・中井りかが思わず号泣!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京で放送中の青春生放送バラエティー「青春高校3年C組」(月~金曜午後5:30)のメジャーデビューを記念したライブ「青春高校3年C組 デビューKICKOFFライブ~どんな夢にも一歩目がある~」が豊洲PITにて開催された。

同番組では、プロデューサーの秋元康氏から3年C組メンバーに、劇場公演をはじめとしたライブイベントにおいて“1万人動員達成でCDデビュー”という課題を課され、4月3日より「青春高校3年C組放課後公演」をスタートし、この度、1万人動員の見込みが立ったためメジャーデビューが決定。それに伴い、今回、新たなスタートを切るためのKICKOFFライブが行われた。

ライブでは3年C組のメンバーが所属しているアイドル部、男子アイドル部、ダンスボーカル部のパフォーマンスほか、軽音部による生バンドライブや漫才、コントと、まさに学園祭のようなバラエティー豊かなイベントが次々と披露され、詰めかけた1200人のファンが熱狂した。さらにイベントでは、番組で曜日担任を務めている三四郎(小宮浩信、相田周二)による生歌や、アンタッチャブル・柴田英嗣のアドリブ満載のコントも披露され、こちらも大きな盛り上がりを見せた。イベントにはほかにメイプル超合金・安藤なつ、NGT48・中井りかも参加した。

また、ライブではこの公演をもって卒業を迎える3年C組の生徒・村西里世の卒業式も開催。生徒が涙ながらに村西を送り出す姿を見た副担任の中井は思わず号泣。イベント後の会見では、メジャーデビューを果たした生徒たちに向け「アイドル部に関しても、生徒全員にも言えることなんですけど、仲間を思い合うことが一番だと思います。一番大事なのは仲間なので」とアドバイス。そして卒業した村西には「引きこもりからアイドル部、ダンスボーカル部と、里世ちゃんなりの輝き方をしてきて、青春高校のシンボルのような活躍でした。里世ちゃんの夢をかなえてほしい」とエールを送った。