東海道・山陽・九州新幹線、特大荷物の持ち込みを来年5月頃より予約制に 荷物コーナーも新設

©Traicy Japan Inc,

JR東海とJR西日本、JR九州は、東海道・山陽・九州新幹線に特大荷物置場を設置し、事前予約制を導入する。

3辺の大きさが160センチ以上250センチ以内の荷物を「特大荷物」とし、事前予約制とする。概ね国際線の航空機利用時に有料で預け入れる必要があるサイズに該当するという。従来から250センチ以上の荷物は持ち込むことができない。

2020年5月中旬から、客室内最後部座席後方にある既設スペースを「荷物スペース」とする。さらに、2023年度にもデッキ部にある一部の洗面所を「荷物コーナー」として整備を完了する見通し。「荷物コーナー」では、盗難防止のため、番号によるバーロックと交通系ICカードなどで解錠できるワイヤーロックの二重ロック方式を採用する。

これらは、特定の指定席とセットで事前予約をすることで利用できる。追加料金はかからない。事前予約をせずに特大荷物を持ち込んだ場合、持ち込み手数料として1,000円を支払う必要がある。

これにより、特大荷物を持ち込む人は事前に荷物置き場を確保できるようになり、乗降がスムーズになるほか、荷物を座席付近や鍵付きのスペースで管理できることから、安心して乗車できるとしている。