Travis JapanとA.B.C-Zがかわいいポーズ&アクロバットで対決!!

©株式会社東京ニュース通信社

8月31日放送のテレビ東京系バラエティー「ABChanZOO (えびチャンズー)」(土曜深夜1:15)に、マイケル・ジャクソンの振付師であるトラヴィス・ペイン氏がメンバー選考に携わり、11月には初の単独主演舞台を控える7人組グループ・Travis Japanが出演する。

同番組は、ジャニーズの体育会系グループA.B.C-Zがどんなことにも本気で挑むバラエティー。ジャニーズ事務所の“中間管理職”的な存在でもあるA.B.C-Zがジャニーズの先輩や後輩をゲストに迎え、意外な趣味やJr.時代のエピソードを解き明かしていく企画「課長A.B.C-Z」にTravis Japanは登場する。コンサートや舞台で共演経験がある両組だが、一糸乱れぬダンスが最大の武器というTravis JapanとA.B.C-Zは「目隠しダンス」で対決。アイマスクを装着し、課題曲「Za ABC~5stars~」の最後の決めポーズで美しい星の形を作れるかを競う。うまく星の形にならなかった時には恒例の罰ゲームも! 果たして決めポーズはそろうのか!?

そして「可愛いポーズ対決」では、Travis Japanのかわいいキャラ担当の七五三掛龍也と、A.B.C-Z最年長の五関晃一が小道具を使って対決する。七五三掛はアイテムをうまく使い、アイドルらしい甘えん坊ポーズを連発。それに対し五関は、往年のアイドル風ポーズや、アイテムをうまく使えない“ドジっ子五関”で応戦する。

さらに、激しいダンスやアクロバットもこなす運動神経抜群のTravis Japanの中でも一番の運動神経の持ち主・川島如恵留が、A.B.C-Zの塚田僚一と「バック転10メートル走」で激突。アクロバットが自慢の両グループにとっては絶対に負けられない戦いで、メンバー全員が「すごい!」と絶賛したバック転は注目だ。