韓国「東京パラリンピック」メダルにもイチャモン!開いた扇が旭日旗を連想させる

©株式会社ジェイ・キャスト

韓国の「反日ごっこ」は、とうとう来年(2020年)の東京パラリンピックのメダルのデザインにまでケチをつけはじめた。障害者スポーツ団体「大韓障害者体育会」が、扇を開いたデザインを「旭日旗を連想させる。抗議することになると思う」と言い出したのだ。

司会の加藤浩次「旭日旗だなんてねえ」

キャスターの近藤春菜「なんでもひっかかるようになってしまった」

加藤「こんなことしてたら、北朝鮮や中国が得をすることになるだけでしょうに」

河瀬直美(映画監督)「子供が喧嘩しているような・・・」

元駐韓大使の武藤正敏氏は「デザインの問題でも、これを止められるのは大統領だけです。今の状態では、日韓関係が良くなることはないですよね。しかい、国民同士の交流は止めてはいけない」