ビギナーさん必見! ベースメイクのステップ教えます【化粧下地編】

©株式会社ジェイ・キャスト

エイジング美容研究家の遠藤幸子さんによる、「お悩みシリーズ」も第4回目を迎えました。(お悩み企画の詳細は一番下からどうぞ!)

いくつかの「お悩み」を頂いていますが、その中で多かったのが「基本を教えてほしい」というものです。

Ri Riさんをはじめ、何人かの方から「どのブランドを使っていいかわからない」「メイク初心者なので基本が知りたいです」といった声をいただきました。

そこでまずは、ベースメイクの1ステップ目、化粧下地の選び方とおすすめアイテムについて解説します。

ベースメイクの基本となるアイテムは、化粧下地、ファンデーション、フェイスパウダーの3つです。これに加えてコンシーラーコントロールカラーなどが必要となります。今回は、化粧下地とコントロールカラーについて詳しく解説していきます。

メイクに慣れている方にも「基本をおさらい」がお役に立てると嬉しいです。

化粧下地の選び方

化粧下地も種類が豊富なので、どれを選べばいいのか迷うところでしょう。まずは自分の肌と向き合ってみてください。化粧は崩れやすいか、くすみが気になるか、乾燥するか、赤みが気になるところはないかといった自分の肌状態についてできるだけ細かく書き出してみてください。そして、自分の肌にできるだけ合う化粧下地を選びましょう。

・このブランドは要チェック!

化粧下地は、各メーカーから数種類販売されていますが、ドラッグストアなどで販売されている価格のものだと、WHOMEE(フーミー)マキアージュセザンヌメディアキスのものがおすすめです。

・選び方とおすすめ商品

肌の乾燥が気になるものの化粧崩れやくすみが気になる人、トーンアップして見せたい人には、マキアージュのドラマティックスキンセンサーベース EX(全1種 25mL/税抜価格2600円※SPF25 ・PA+++)がおすすめです。

リキッド状で、みずみずしいのにサラッとしたテクスチャー。肌に均一にのばしやすく、ファンデの毛穴落ちを防ぐ効果もあります。

肌色をもっと補整したいなら、フーミーのコントロールカラーベース(全4種 15g/税抜価格1800円)を。保湿成分「セラミド」が3種類配合されているので、保湿力が高い商品です。

筆者が所持しているのは、肌の色むらを補正しながらツヤのあるふっくらとした肌に仕上げてくれる、#イエローグロウです。

肌の色むらがある人、ツヤやハリ感が欲しい人におすすめです。

ちなみに、こちらの化粧下地は3種類販売されているのですが、血色感が欲しい人には#ピンクが、透明感が欲しい人には#ブルー色素が薄い系の美肌を演出したい人には#パープルがおすすめです。なりたい肌にあわせて選びましょう。

このほか、赤みを消したい人にはグリーンが、クマなどのくすみが気になる人にはオレンジがおすすめです。

メディアからは、その両方が販売されています。メイクアップベースS(全2種 30g/税抜価格750円)。私は、小鼻や頬など部分的な赤みが気になる程度なので、コンビニのファミリーマートで販売されているミニサイズ(全1種 10g/税抜価格500円)を愛用しています。

オレンジのコントロールカラーについては、部分使いできる商品も販売されています。キス コントロールカラーベース #02Orange(全4種 8g/税抜価格800円)。

軽やかな使用感でムラになりにくいのですが、頑固なクマはカバーしきれないかもしれませんが、自然な血色感を与えて健康的な肌に仕上げてくれます。

毛穴が気になる人にはこれ

毛穴が気になる人には、凹凸を埋めたり、光の効果で毛穴をカバーしてくれる化粧下地がいいでしょう。全顔に塗るタイプだと、毛穴パテ職人の毛穴崩れ防止下地(全1種 25mL/税抜価格1500円)がおすすめです。

頬や小鼻などに部分使いする場合には、セザンヌの皮脂テカリお直し液(全1種 税抜価格580円)。

肌にスッと浸透してサラッとした仕上がりになり、テカリも防ぎます。

重要! 化粧下地を塗るタイミング

スキンケアを終えた肌に化粧下地を塗りますが、スキンケアを終えた直後に塗るのではなく、20~30分できればおいてから塗るのがおすすめです。そうすることでメイクが定着しやすくなります。

スキンケアからメイクまで時間がかなり経った場合には、皮脂が浮いてきていることが多々あります。そのため軽くティッシュオフしてからメイクすることが大切で、時間が経過していなくてもスキンケアの油分が気になったら同様にティッシュオフしてからメイクしましょう。

化粧下地の塗り方ですが、目安としては小豆大程度手にとって内側から外側にのばしてなじませます。均一にのばしてから気になる部分は薄く重ね塗りしてもOKです。

最後にハンドプレスしてなじませます。部分使いする場合には、少量取って塗り、しっかりと指やスポンジでなじませましょう。油分が気になる場合や少し多く塗りすぎてしまった時は、軽くティッシュオフするか、スポンジでポンポンと叩くようにして調整しましょう。

また、パーツによって肌悩みは異なるので、下地やコントロールカラーを使い分けるのもひとつです。ただし、境目は必ず丁寧にぼかしましょう。

そして、あれもこれも気になるからといって化粧下地やコントロールカラーを重ねすぎないことも大切です。

いかがでしたでしょうか。化粧下地がなくてもメイクすることはできますが、使うのと使わないのとではメイクの仕上がりやもちに差が出ます。ぜひ自分に合う化粧下地を使って美肌を演出しましょう。

遠藤幸子

エイジング美容研究家として雑誌やラジオ、企業のインフォマーシャルなどに出演。ウェブ、雑誌等にコラムを執筆するほか、コスメブランドの広告なども手掛ける。できるだけナチュラルな方法でできるアンチエイジング法を日々模索。豊富な自己体験を元に情報を発信中。公式サイト『アンチエイジング ジャーナル

お悩み募集中

エイジング美容研究家として活躍する遠藤幸子さんが、コスメや美容の疑問やお悩みに答えます。

例:チークがうまくできない、いつもマニキュアが余ってしまい処分に困る。何かいい方法ない?、コントゥアリング、初心者でもナチュラルに見える方法は?

など、今さら聞けないことや私だけ?と困っていること、専門家に聞きたいこと何でもOKです。

投稿はコチラから。たくさんの投稿、お待ちしています!