菜々緒、新ドラマ『4分間のマリーゴールド』の台本を持つ姿に期待高まる

©メディアシンク株式会社

インスタグラム:菜々緒(@nanao_official)より

女優でモデルの菜々緒(30)が26日、自身のインスタグラムを更新した。

菜々緒といえば先日、10月スタートの金曜ドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系)に出演することを発表。役作りとして10年ぶりに前髪を作ったと明かし、その姿を公開した。ファンからは「めっちゃ好みなんだけど」「美人だね!スタイルも含めて全て憧れる!」などの反響が多く寄せられ、話題となったばかり。

そんな菜々緒はこの日、「手を重ねた人の『死の運命』が視えてしまうという特殊な能力を持つ救急救命士と、命の期限が1年後に迫った義姉との禁断の恋を描く切ないラブストーリー。原作で、運命と試練に立ち向かう二人や家族をみて、私も沙羅を演じる事に運命と試練を感じました。 『生』と『死』、『命』や『愛』について考えさせられる作品です。10月金曜夜10時から放送です。是非ご期待ください」とつづり、同作の台本を手に持つ自身の写真を公開した。

この投稿に対し、インスタグラム上には「めちゃめちゃ楽しみです」「菜々緒ちゃんがでるドラマとか楽しみすぎて」「楽しみにして待っております」などのコメントが多数集まっている。

今作では、主人公と禁断の恋に落ちる余命一年の義理の姉を演じる菜々緒。今までの悪女のイメージを払拭できる良い機会となるかもしれない。