がん検診行くきっかけに イオン与野でがんを知る教室、乳がんの自己検診や小児がん支援ブースの展示も

©株式会社埼玉新聞社

がんに関するパネル展示を見る買い物客ら=30日、さいたま市中央区のイオンモール与野

 がんへの正しい理解やがん検診の受診率向上などを目的とした「なるほどなっとく がんを知る教室」(アフラック主催)が、埼玉県さいたま市中央区のイオンモール与野で9月1日まで開催している。

 アフラックでは2004年から「がんを知る展」と題したイベントを全国の商業施設などで展開。18年からはより多くの人たちに関心をもってもらおうと「がんを知る教室」として、さらなる啓発活動に取り組んでいる。

 小学校の教室をイメージした会場では各教科ごとにがんに関する情報をパネルで紹介。触診モデルを使った乳がんの自己検診や腹腔鏡トレーニングの疑似体験、小児がん支援ブースなども展示する。

 社会公共活動推進室の永田祐一さんは「ぜひ足を運んでいただき展示を見てもらうことで、がん検診に行くきっかけになれば」と話している。