8月のアマゾン森林火災は最多

ブラジル、2011年以降で

©一般社団法人共同通信社

ブラジル中部マトグロソ州で、炎を上げるアマゾンの森林と、付近を走るトラック=8月31日(ロイター=共同)

 【サンパウロ共同】ブラジルのアマゾン地域で8月に起きた森林火災の数は約3万900件と、2011年以降で最多となったことが1日、国立宇宙研究所(INPE)による観測データで明らかになった。前年同月比では約196%増だった。地元メディアが伝えた。

 ことし1~8月の全国の森林火災は約9万500件で、前年同期比約71%増となった。同期間でこれまでに最も多かったのは05年で、約14万9100件だった。

 増加の理由は不明だが、1月1日に就任した右翼ボルソナロ大統領がアマゾン地域の開発に意欲を示し、熱帯雨林保護に後ろ向きなことが影響しているとの見方も強い。

延焼を防ぐために伐採された木が燃え盛るアマゾンのジャングル=8月31日、ポルトベロ(ロイター=共同)