<防災の日>船橋で首都圏合同訓練 大災害への備え確認 ボランティア対応も

©株式会社千葉日報社

ボランティアセンター運営訓練で、スコップを手に、スタッフの説明に耳を傾ける(右から)安倍首相、森田知事、松戸市長

 千葉県や千葉市など首都圏の9都県市は「防災の日」の1日、巨大地震により大災害が発生したと想定し、警察や消防、ボランティア団体、周辺住民らが参加して、船橋市で本格的な防災訓練を実施した。災害復旧に欠かせないボランティアの受け入れを円滑に行うため 「ボランティアセンター運営訓練」も行い、近い将来に起こるとされる首都直下型地震や、頻発する自然災害への対応を確認した。

 40回目となった9都県市の合同防災訓練は千葉県が中央会場となり、海岸近くの船橋市高瀬町で、海上と陸上の双方で訓練を展開。安倍晋三首相や防災担当の関係大臣、森田健作知事が、地元の松戸徹市長と共に視察した。

 訓練は県北西部でマグニチュード(M)7.3の直下型地震が発生し、船橋市で震度6強を観測。ライフラインがまひして1万9千棟の建物が倒壊し、避難者が約12万人に及ぶとの想定で行われた。

 訓練には自治体関係者や医療関係団体、地域住民ら約5千人が参加。主会場の運動広場では倒壊した家屋から被災者を救助し、医師が治療の優先度を決める「トリアージ」などを実施。副会場の同市高瀬町沖の海上などでは、プレジャーボートから出火した想定で、消火・救助訓練を行った。海上自衛隊の掃海母艦に臨時の医療拠点を設け、県警や海上保安庁が捜索した救助者を艦内に搬送。トリアージや応急救護に当たる手順も確認した。

 安倍首相らは、ボランティアセンターの運営訓練を視察し、ボランティア登録して復旧活動に加わる手続きを体験。運営スタッフに「ボランティアに年齢制限はあるか」などと質問し、誰もがボランティアに参加できると説明を受けた。

 閉会式で安倍首相は「首都直下型地震や南海トラフ地震に備え、国民の生命や財産、生活を守るよう努める」と強調。森田知事は「災害はいつ起こるか分からない。今回の訓練を契機に、忘れずに備えをしていこう」と総括した。