奈良市全域で初の一斉防災訓練

©奈良テレビ放送株式会社

 9月1日は「防災の日」です。これに合わせて県内各地で様々な訓練や催しが行われました。

 このうち奈良市では、市内全域で一斉に訓練する初めての取り組みが行われました。訓練は、奈良市南部を震源とする最大震度7の地震が発生したという想定で始まりました。奈良市では、これまで個別に地域の防災組織などを中心に訓練を行ってきましたが、市内全域で一斉に訓練が行われるのは初めてです。50あるすべての地区で避難所が設置され、約3500人が参加しました。このうち済美小学校では参加者が、避難所の設置運営の方法などを動画で学んだり実際に非常食を食べたりしました。