ベニー・ブランコ、ジュース・ワールドとの新曲「グラデュエーション」を発表

ヘイリー・スタインフェルドなど豪華キャストが参加のMVも公開

©ユニバーサル ミュージック合同会社

ジャスティン・ビーバーなど、これまで制作にかかわったアルバムのセールスが1億枚を超えるポップ・ミュージック界ヒット・プロデューサーであるベニー・ブランコが、ジュース・ワールドとのコラボ曲「グラデュエーション」をリリース。また、豪華キャストが参加するミュージック・ビデオも公開した。

同曲は、2000年に大ヒットを記録したバイタミンCの卒業式の定番ソング「フレンズ・フォーエヴァー(グラデュエーション/卒業)」をサンプリングしており、ミュージック・ビデオには、シンガー・女優としても大人気のヘイリー・スタインフェルドやダヴ・キャメロン、ロス・バトラー、ジャスティス・スミス、オリヴィア・マン、ノア・サイラス、トミー・ドーフマン、トニー・レヴォロリ―、リル・ディッキー、マディ・ジーグラーなどの豪華メンバーが出演している。

内容は、架空の学園青春物語のエンディングをパロディー化したものになっており、卒業の定番ソングらしく、各ゲスト出演者の高校卒業後の様子をエンディング・ロールさながらに紹介していくような映像だ。“時が過ぎても共に過ごした時間を忘れない。ずっと友達だよ”というメッセージにピッタリの内容になっている。

「グラデュエーション」は、今年の3月にリリースして世界的なヒットとなったセレーナ・ゴメス、J. バルヴィン、タイニーとのコラボ曲「I Can’t Get Enough」以来の新曲でアメリカのSpotify デイリー・チャートで早速トップ30入りするなど注目が集まっている。

「グラデュエーション」ミュージック・ビデオ

<リリース情報> 

「Graduation」by ベニー・ブランコ&ジュース・ワールド 試聴・購入