「家事ヤロウ!!!」が夜11時台に進出! 中丸雄一「素のままノーストレスで」

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系で2018年4月に深夜2時台でスタートし、19年4月に深夜0時台に移動した家事ド素人の独身男性3人、バカリズム、KAT-TUN・中丸雄一、メイプル超合金・カズレーザーが、イチからではなくゼロから家事を学んでいく“ゆるグダ家事バラエティー”「家事ヤロウ!!!」が、10月から水曜午後11時15分からの枠に進出する。

同番組は“掃除”“洗濯”“料理”など家事全般の中でも“超基礎”ばかりを扱い、今さら聞きづらいものの、知っていればすぐに役立つ知識を紹介する家事バラエティー。10月からもこれまでと変わらず、さまざまな家事を“狭く”“深く”徹底的に学んでいく。さらに、芸能人の自宅にカメラを設置し、普段のリアルな家事をのぞき見する「リアル家事24時」や、「料理上手芸能人に食材送ってみた」シリーズのほか、これまで以上に思わずマネしたくなる家事テクニックをたっぷり紹介していく。

バカリズムは「『家事ヤロウ!!!』は、そもそも家事ができない僕らが初歩的な家事に挑むという趣旨の番組なので、いわゆる“家事番組”とはちょっと違うんです。時間帯が変わることで初めてご覧になってビックリする方もいるかもしれませんが、あまり驚かないでいただきたいですね(笑)」と注意を促す。また、「確かに全国進出というプレッシャーは大きいです。約1年半の間、深い時間帯にコッソリお送りしてきたからこそ、われわれものびのびとやれていたので…。でも、もうこのスタイルは変えられません! いつもどおり、これまでと同じテンションで臨んでいきたいと思っています」と開き直りながらアピールした。

そして、「最近は調理器具などもちょっとずつ増えてきました!」と番組で学んだことを生活で実践していると語る中丸は、「時間帯が変わることを意識しすぎて内容が変化しちゃうと、それこそほかの家事番組と似てしまうと思うんですよ。この『家事ヤロウ!!!』には、思ったことを何でも言っちゃってOKというような、のびのびした“いい空気感”が漂っているんです。そこがほかの番組にはないところで、これまで誰ひとり、『ちょっと待ってくれよ!』なんて文句言ったり、慌てたりしたこともありません(笑)。だからこそ皆さんに愛されて番組が続いてきたと思うので、これからも僕たちは素のまま、ノーストレスでやっていきたいですね!」と、これまでどおりの空気感を大事にしていくことを述べた。

また、カズレーザーは「この『家事ヤロウ!!!』がほかの番組と違うのは、われわれ3人のメンタル次第でリアクションが変わっていくところ。たとえば1本目と2本目の収録の間のお弁当がおいしかったりすると、2本目の試食がまったく進まないんです。おいしい牛タン弁当なんかが出てきた日には、試食に全く手が付けられなくなる危険性がある…(笑)。そのぐらい、僕らはバランスというものを一切考えることなく、素でやっています」と収録の裏側を明かす。さらに、「今後は、年1回ぐらいのスケジュール感で温泉ロケに行ってみたいですね。浴場の鏡を拭いたりして、ちょこっと家事をからめながら、みんなでお風呂漬かるような…(笑)。家事を少々忘れちゃう回があってもいいんじゃないか、そう思えるほど、ユルくて楽しい番組です」と、あくまでもユルさが持ち味であることを強調した。