斎藤工主演「最上の命医2019」に田中麗奈、岸谷五朗らの出演が決定!!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系で10月2日に放送される、斎藤工主演のドラマスペシャル「最上の命医2019」(午後9:00)で、作品を彩る豪華共演者が発表された。西條命(斎藤)と共に田舎町の診療所で働く看護師・多岐川菜月役を田中麗奈、命に対立する東房総医療センターの医師・関光一郎役を永井大、命の小児外科医としての力を利用しようとする東房総医療センター院長・中込隆三役を村田雄浩、そして、殺人罪で房総刑務所に服役する受刑者・佐久間耕作役を岸谷五朗が演じる。

本ドラマは、自ら病に侵されながらも、消えそうな小さな生命に極限まで向き合う、斎藤演じる天才小児外科医・西條命が、子どもたちを救うために挑む姿と、その奇跡を描く本格医療ドラマ。2011年1月クールの連続ドラマから始まり、16年、17年にはスペシャルを放送。今回が第3弾のドラマスペシャルとなる。田中ら新たな出演者のほかに、斎藤と共に本シリーズ全作品に出演してきた泉谷しげるの出演も決定した。泉谷は、先天的な心臓疾患を抱えて生まれた命を神業ともいえる手術で救った、命のいのちの恩人・神道護役。命が医師として目標に掲げる存在でもある。

同系のドラマに出演するのは今作が初となる田中は「脚本を読んで、命をつなぐということに対して、それぞれ登場人物の純粋な思いの中、相反する気持ちが生まれ、思いもよらない行動をとってしまう、そして、グサリと胸に刺さり身動きが取れないような空気の中、軽やかに立ち回る西條先生がとても魅力的に描かれていて、きちんと大切なことを視聴者に伝えていきながら爽やかさが香る、そんな魅力的な印象を受けました」と本作の印象を語った。そして、斎藤について「今回ご一緒して感じたのは、工くんの座長としての貫禄でした。スタッフさんや役者陣への心遣いやコミュニケーションの取り方など、とても勉強になりました。彼の周りはいつも笑いが絶えないので、カッコいいのに面白いことも言えちゃうなんていいなぁと思って。それで監督もやってしまうし、才能にうらやましい限りです」と称賛した。

永井は「最後の最後まで展開が読めない、2時間の中にこんなにも!というくらいトピックが盛り込まれており、この台本が映像になったら絶対面白くなるだろうなとワクワクしました」と印象を述べ、村田は「今まで比較的人の良い役が多かったので、悪だくみをするような役をいただけるのは、役者としての幅を広げる上でも有り難いです。でも、切なさや悲哀が垣間見えるような人物にしたいと思いながら演じさせていただきました」と役作りを明かした。

さらに、本シリーズの全作に出演している泉谷は「監督やスタッフもずっとほとんど一緒なんだけど、2011年からだから、もう8年前とは知らずに、そんなたっているんだってびっくりしましたね。斎藤工とも長い付き合いなんだけど、なるべく長くやりたいねっていうのがあったんで、同窓会に集まっているような、そんな感じだよね。でもほんと、出演者が変わっていって、残ったの2人だけだねって(笑)」と笑顔でコメント。

そして受刑者役を演じる岸谷は「材料は医療なんですが、サスペンスがあり、事件物の要素もあり、全ての要素がめまぐるしく入っていて、そこに人間同士の登場人物の感情がたくさん入り乱れていて、素晴らしいエンターテインメント作品の台本だなと思いました」とオファーを受けた時の感想を述べ、「ハラハラドキドキする内容があり、心温まる部分があり、いろいろな要素が詰まった2時間ドラマだと思います。久々に見応えのあるドラマだと思うので、ぜひ見ていただきたいなと思います」アピールした。