カープ坊や「30人」会いに行こう

©株式会社中国新聞社

30市町の特徴をそれぞれデザインしたカープ坊や

 広島県などは、ご当地カープ坊やのスタンプを集めて県内と山口県東部を巡ってもらうキャンペーンを展開している。広島東洋カープとのコラボレーションで、西日本豪雨などで落ち込んだ観光客の回復を図る。12月25日まで。

 スタンプは30種類。広島県内の全23市町と山口県7市町それぞれの特徴をデザインした。お好み焼きとへら(広島市)、けん玉(廿日市市)、筆(広島県熊野町)、錦帯橋とレンコン(岩国市)などをあしらう。道の駅や観光施設など計88カ所で、500円(税別)以上の買い物やサービスの利用で押してもらえる。スタンプの個数に応じてカープグッズなどが当たる。30市町のスタンプを全て集めると、カープ坊やのクリアファイルがもらえる。

 両県の24市町でつくる広島広域都市圏協議会と実施。広島県が2016年度に県内23市町で催した同様の周遊キャンペーンを拡大した。延べ5万人の観光客誘致を見込んでいる。(二井理江)