竹内まりや「いのちの歌」~生かされていること、育ててくれた両親に感謝するということ

©株式会社ニッポン放送

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、シンガー・ソングライターの竹内まりやが出演。黒木瞳の初監督作品『嫌な女』で主題歌となった「いのちの歌」について語った。

竹内まりや「いのちの歌(通常盤)」(※画像はAmazonより)

黒木)今週のゲストはシンガー・ソングライターの竹内まりやさんです。

竹内)瞳さんとの出会いを考えてみると、ドラマの主題歌を担当させていただいたときの打ち上げで、隣に座っていらしたのですよね。私は宝塚の娘役の瞳さんのイメージがあったので、フェミニンな人だろうと思っていたら、おきゃんな、むしろ男っぽい人で驚きました。むしろ嬉しい意外さがあったのですよね。

黒木)そのときも、そうおっしゃっていましたよね。私が主演をさせていただいた『おトメさん』という連続ドラマで、「たそがれダイアリー」という曲を書いていただきました。

竹内)姑さんのことをおトメさんと言うのですよね。それで、その姑役だったのです。あれがはじめての出会いでした。

黒木)まりやさんと言えば、たくさんの楽曲がありますね。

竹内)番組の主題歌とか、映画の主題歌やテーマ曲、そういうもので曲を流していただけるので、私自身がテレビに出なくても歌を届けることができて、とても恵まれていたと思います。そういうことが続いた上での40年だったなと思います。

黒木)私の大好きな「いのちの歌」が、ベストアルバムのDisc1に収録されていますけれども、私がはじめて映画監督をしたときに使わせていただきました。この歌詞が、私が表現したいすべてだったのです。

竹内)この本の出版権を自分で買ったとおっしゃっていましたよね。

黒木)そうですね。

竹内)すごい熱意でした。『嫌な女』というタイトルも強くて。

黒木)「いのちの歌」を使うことをOKしていただいて、嬉しかったですね。はじめての監督なので、わからなかったり躓いたり、壁にぶち当たったりしましたが、そのときは撮影中でもこの歌を聴いて、泣きながら「大丈夫」「ありがとう」と思っていました。

竹内)映画を観て、最後に曲が流れたとき、「だからこの曲にしたかったのだな」ということがわかりました。瞳さんの思いがね。

黒木)ありがとうございます。

竹内)こちらこそ、使っていただいて本当に嬉しかったです。

黒木)「いのちの歌」は私も本当に感動したのですが、いろいろなところで歌われています。

竹内)卒業式や謝恩会など、そういったところで歌ってくださる方が多いと聞きまして、10年も前に書いた曲がいまこうやって歌い継がれて行くということは、作家冥利に尽きますね。

黒木)謙虚におっしゃっていますけれど。

竹内)本当に嬉しいです。この曲は、日々感じている素朴な思いをそのままを言葉にしたものです。生きているということは、生かされていることだと思うのです。生きたくても生きられない人がいるということを考えると、生かされていることにまず感謝しなければいけないということと、両親にも育ててもらえたことを感謝する…なかなか普段は言葉にできないのですが、歌だったら「ありがとう」と言えるようなところもある。照れくさいですしね。

竹内まりや/シンガー・ソングライター

■1955年 3月20日、島根県出雲市大社町生まれ。
■1972年、高校3年のときにAFS交換留学生として、アメリカ・イリノイ州ロックフォールズ・タウンシップ・ハイスクールに留学。
■1974年、慶応大学文学部 英文学科入学。音楽サークル「リアルマッコイズ」に参加。
■サークル先輩の杉真理のレコーディングに参加したのがきっかけで、1978年3月、オムニバス・アルバム『ロフト・セッションズ』に誘われ参加。
■1978年11月、シングル「戻っておいで・私の時間」でデビュー。「September」「不思議なピーチパイ」などがヒット。
■1982年4月、山下達郎と結婚。
■結婚後は作家としても「元気を出して」「駅」など多くの作品を他アーティストに提供。1984年には自らもシンガー・ソングライターとして活動を再開。
■1994年のベスト・アルバム『Impressions』が350万枚の大ヒットを記録。デビュー30周年の2008年にリリースしたコンプリート・ベスト・アルバム、『Expressions』もミリオンを達成。
■2014年発表のアルバム『TRAD』は、日本レコード大賞「最優秀アルバム賞」を受賞。また33年ぶりとなる6都市9公演の全国ツアーで約75000人を動員。
■2015年、「第6回 岩谷時子賞」を受賞。これまでに発表して来たたくさんの楽曲が、いまでも世代を超えて多くの人々の支持を得ている。
■2018年11月にデビュー40周年を迎え、9月4日にデビュー40周年記念アルバム、モア・ベスト&レアリティーズ&カバーズ『Turntable』をリリース。

ENEOSプレゼンツ あさナビ
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49