寅さんの育ての母役・井上真央「大好きな作品の世界に囲まれて幸せ」

©株式会社東京ニュース通信社

NHK総合で10月19日にスタートする連続ドラマ「少年寅次郎」(土曜午後9:00、全5回)のスタジオ取材会が行われ、主演の井上真央が出席した。国民的映画「男はつらいよ」の主人公・車寅次郎の少年時代を描くもので、寅次郎の育ての母・光子を演じる井上は「子どもの頃から見ていた大好きな作品の世界に囲まれて幸せです。映画でおなじみの人たちが出てきて、子どもの寅次郎もさくらも、これがまた似ているんですよ。映画のキャラクターの“片鱗”を感じることができるはずです」とアピールした。

ドラマは山田洋次監督の小説「悪童 寅次郎の告白」を原作に、寅次郎の母・光子を主人公に、寅次郎出生の秘密から戦争をはさんだ悪ガキ時代、そして最愛の妹・さくらに見送られて葛飾柴又の駅から14歳で旅立ち、“フーテンの寅”が誕生するまでを描くもの。

井上は「子どもの頃は家族でお正月に映画館で『男はつらいよ』を見るのが恒例で、DVDも全巻持っている」ほどの寅さんファン。映画には登場しない育ての母・光子について「演じようはいくらでもありましたが、(映画の寅次郎役の)渥美清さんの自伝に数行出てくる渥美さんのお母さんの記述も参考にしました」と役作りを明かし、「すごく優しいけど、何があっても動じない強さや、江戸っ子の“粋”もある。その部分はしっかりと持って演じました」と手応えをにじませた。

また、劇中では“フーテンの寅”が誕生するまでのさまざまな騒動やエピソードが描かれるとあって、「寅さんってこうやって生まれ育ったんだと、まるで実在の人物のように思えるはずです。人を思いやることの大切さや寛容さなど、人の大切さってこういうことなんだと思ってもらえるドラマになってるはずです」と見どころを訴えていた。