台風13号 暴風域を伴い5日(木)に沖縄地方に接近 早めの備えを

©株式会社ウェザーマップ

3日(火)午後3時現在 台風13号進路予想

 台風13号は5日(木)に、暴風域を伴い沖縄地方にかなり接近する見通し。先島諸島を中心に猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけとなるため、早めの台風対策が必要だ。

 台風13号は3日午後3時、沖縄の南にあり、1時間に15キロの速さで北に進んでいる。中心の気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は40メートル。台風は発達しながら沖縄の南を北上し、暴風域を伴い5日に沖縄地方にかなり接近する見込み。その後、7日(土)にかけて、東シナ海を北上する予想となっている。

4日(水)と5日(木)午前9時の波の予想

暴風・高波

 沖縄地方は先島諸島を中心に、3日は次第に風が強くなり、海はうねりを伴いしける見込み。台風の接近に伴い、5日は猛烈な風が吹き、海は猛烈にしける予想だ。4日にかけて予想される最大瞬間風速は、沖縄地方で35メートル、4日にかけて予想される波の高さは沖縄地方で7メートル。暴風や、うねりを伴った高波に厳重に警戒が必要だ。また、6日(金)から7日(土)にかけて、九州でも風が強くなり、波が高くなるおそれがある。

大雨

 沖縄地方では台風の接近に伴い、南から暖かく湿った空気が入り大気の状態が不安定となる。5日は、台風本体の発達した雨雲により雷を伴った激しい雨となり、大雨となる見込み。 土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意が必要だ。

<4日夕方までに予想される雨量(多い所)>
 沖縄地方  100ミリ
 
<その後、5日夕方までの24時間に予想される雨量(多い所)>
 沖縄地方  100~200ミリ

台風そなえ 出典=気象庁HP

高潮

 台風の接近に伴い、沖縄地方では4日夜遅くから5日未明にかけて、潮位が高くなる所がある。海岸付近の低地では、高潮による浸水や冠水に注意が必要だ。