AKB48がニューシングル「サステナブル」をリリース!! 17歳の新星・矢作萌夏がシングル初センターを務める注目作!

©株式会社東京ニュース通信社

AKB48がニューシングル「サステナブル」をリリース!! 17歳の新星・矢作萌夏がシングル初センターを務める注目作!

約半年ぶりにリリースされるAKB48のニューシングル「サステナブル」は、昨年1月に加入した17歳の新星・矢作萌夏がシングル初センターを務める。矢作をはじめ、岡部麟、柏木由紀、向井地美音、武藤十夢、横山由依の6人に、楽曲への思い、現在のメンバー同士の関係性などについて聞いた。

──ニューシングル「サステナブル」は、原点回帰を感じさせつつ、「持続可能な発展」を意味するタイトル通り、未来への意志も感じさせる楽曲です。

武藤「キラキラしていて、ちょっと切ないアイドルソングになっています。作曲は(初期から携わる、井上)ヨシマサ先生ですし、振り付けも昔からお世話になっている(牧野)アンナ先生で、AKB48の王道に王道を重ねた楽曲だと思います」

柏木「歌詞も、昔のAKB48のシングルによくあった『主人公の男の子がある女の子のことを好きで好きでたまらなくて、あきらめきれない』という世界観で、懐かしいし“エモい”です。主人公の男の子に対して、『がんばれ!』って思いながら歌っています!」

岡部「今回のシングルは、今までで一番レコーディングに時間をかけていただいたと思います。何度も歌って完成させた、みんなの歌声にも注目してほしいです!」

向井地「私は今回のMVのコンセプトを聞いた時、鳥肌が立ちました! MVには、いろんな時代の女の子たちが登場するんですけど、それぞれの時代の女の子たちの生活の中には、いつもAKB48の歌があったという設定なんです。グループが歴史を重ねてきたからこそ生まれたコンセプトだなって」

矢作「MVでは’06年のJKを演じたんですけど、『会いたかった』のセンターの前田敦子さんを思わせるシーンがあって、撮影の時はすごく緊張しました」

──矢作さんは、今回のシングルで初センターですしね。

矢作「はい! その意味でも緊張しましたし…今も緊張しています!」

──先輩たちから見て、初センターの矢作さんの印象は?

岡部「かわいい妹なんだけど、生意気なところもあって(笑)、でも憎めない存在! ふとした時に見せる人間味も魅力です!」

向井地「みんなに愛されていて、ワンちゃんみたいですね(笑)」

横山「私は、とにかく自由に、自分がやりたいようにやってもらえたら、まずはそれでいいかな。今回のシングルを作って、MVを見て、あらためて思ったんですけど、AKB48って昔からいる子、新しく入った子がさまざまな地域から集まっていて、いろんな個性を持ったメンバーがいる。その多様性がAKB48なんやろうなって。それで、曲は明るくてかわいいけど、どこか切ないっていう」

矢作「明るくて楽しくて、笑顔なのがAKB48だと思っています。それは、これからもずっとなくさないでいたいです」

岡部「約半年ぶりのシングルで、もっともっと楽しさを表現して、一緒に盛り上がっていけたらと思っています」

武藤「いろんな時代のAKB48があって今があるけど、今もグループにいる私たちにとっては、やっぱり“今”が大事。今をファンの方たちと一緒に思い切り楽しむことが、未来につながっていくと思っています」

柏木「私はグループに加入して13年目ですが、今が一番風通しがいいというか、メンバー同士の距離もすごく近くていい雰囲気だと思う。13年目にして、なんか青春してるっていうか(笑)。このいいムードを、ずっと持続させていければなと!」

向井地「今年は“総選挙”がなかったけど、今はメンバー同士で競い合うんじゃなく、みんなで一つのものを作り上げることを大事にしたいと思います」

横山「1人じゃできないことをみんなでやるのが、AKB48の良さでもあるしね」

柏木「今は、少しAKB48から離れている人たちにも、また聴いてみたい、見てみたいって思ってもらえる自信があるので、いろんな方にまた目を向けてもらえたらなと思っています! 矢作ちゃん、そうだよね?」

矢作「はい! 私も、明るくて元気で楽しい“萌ちゃんパワー”全開でがんばります!」

【OUR MUSIC~これからもずっと好き!】

武藤

「最近ライブをしていてあらためて思うのは、『言い訳Maybe』はいつでもどこでも盛り上がるなって。色あせることなく、これからも愛され続ける曲だと思っています」

柏木

「歌っていて今も無条件でテンションが上がるのは、『ポニーテールとシュシュ』です。’10年の曲ですが、今も変わらず大好きな曲です」

矢作

「私は、『RIVER』です。何かを乗り越えたい時に聴きたくなるし、実際に聴いて乗り越えてきたので!」

横山

「『夕陽を見ているか?』です。先日、舞台で共演した方がこの曲を好きで、『歌詞がすごい』って言ってくださったんです。その言葉を聞いて、自分でもあらためてこの曲の魅力に気付いたし、10代の時と今では、聴いていても感覚が違います。日常のふとした瞬間の大切さを教えてくれる曲でもあります」

岡部

「私は、『10年桜』です。AKB48が10年以上活動を続けているからこそ、意味を持たせられる曲だし、さらにまた10年後はどうなっているのかなって思わせてくれます」

向井地

「10年後、20年後に聴いて、青春を感じてぐっときそうなのが、『君はメロディー』です。今聴いても切なくなります」

【プロフィール】


AKB48
秋元康のプロデュースで、’05年に結成。’06年にシングル「会いたかった」でメジャーデビュー。55thシングル「ジワるDAYS」で36作連続ミリオンセラーを記録し、CD総売上枚数は女性アーティスト歴代1位。

岡部麟(おかべ りん)
1996年11月7日茨城県生まれ。 蠍座。

柏木由紀(かしわぎ ゆき)
1991年7月15日鹿児島県生まれ。蟹座。B型。

向井地美音(むかいち みおん)
1998年1月29日埼玉県生まれ。水瓶座。O型。

武藤十夢(むとう とむ)
1994年11月25日東京都生まれ。射手座。B型。

矢作萌夏(やはぎ もえか)
2002年7月5日埼玉県生まれ。蟹座。O型。

横山由依(よこやま ゆい)
1992年12月8日京都府生まれ。射手座。B型。

【作品情報】


シングル「サステナブル」
9月18日発売
¥1,646 CD+DVD/初回限定盤 TYPE A~C、通常盤 TYPE A~C(キングレコード)

表題曲はAKB48流アイドルソングの王道と言えるどこか懐かしくもフレッシュなポップソング。北海道の大自然の中で撮影されたMVは、さまざまな時代を彩ってきたAKB48を思い返すシーンがインサートされている。

【プレゼント】


サイン入り生写真を2名様にプレゼント!

ハガキでの応募方法は「TVガイド」9/13号(P114)をご覧ください。
「TVガイド」の購入はコチラ→https://zasshi.tv/category/TVG

取材・文/大久保和則 撮影/須田卓馬 スタイリング・ヘア&メーク/オサレカンパニー