AbemaTVの公開スタジオに「令和仮面ライダー」ゼロワンキャストが登場

©株式会社ジェイプレス社

AbemaTVの公開スタジオ「UDAGAWA BASE」において、特別番組『仮面ライダーゼロワン スタート前日特番』が8月31日、夜6時より公開生放送された。

特別番組『仮面ライダーゼロワン スタート前日特番』は、9月1日よりテレビ朝日系でスタートする新番組『仮面ライダーゼロワン』を記念して放送された番組。令和初の新仮面ライダーキャストとして、高橋文哉(飛電或人/仮面ライダーゼロワン)、岡田龍太郎(不破 諫/仮面ライダーバルカン)、鶴嶋乃愛(イズ)、井桁弘恵(刃 唯阿/仮面ライダーバルキリー)が勢ぞろい、撮影時も4人共仲良しということで、オープニングから和気あいあいとした雰囲気で放送が開始した。

番組序盤で、『仮面ライダーゼロワン』のVTRが紹介されると新たな令和時代に始まる「令和仮面ライダー」の第1作目となる本作を、各キャストはそれぞれ、「近未来」(高橋文 哉)、「非勧善懲悪」(岡田龍太郎)、「現実にありそうで無い世界観」(鶴嶋乃愛)、「女子も憧れるアクション!!!」(井桁弘恵)と、魅力をアピールした。続いて、4人のキャストの共通点に話が及び、4人全員が「AbemaTV」の番組に出演した経歴があるということで、人気オリジナル番組内に出演した際の、デートシーンや、抱きしめるシーンなどのお宝映像が流れた。普段見せない表情と懐かしさも相まって、高橋らも思わず赤面の様子。

番組中盤には、主題歌アーティストのJ(LUNA SEA)と西川貴教が登場。今回の主題歌でタッグを組む経緯については、30年ほど前から、お互いバンドを通して知り合っていたこともあり、西川がJをメールで誘ったということが明らかになった。「いつか一緒に楽曲を作ろうと話していた」というJと西川は、主題歌制作にあたって、「ライダーチームから話が来たのがギリギリだった。Jに連絡したのは7月。本当に紙一重。1日でもずれたら明日の放送に間に合わなかった」とあわや第1回に間に合わなかった危機があったことを暴露し、8月中旬までレコーディングを行っていたという緊迫の状況を明かした。また、西川のアー写は「仮面ライダーより強そう」と岡田に言われると、まんざらでもない様子だった。

番組終盤で行われた「仮面ライダー適性検査」では、信頼している人の人数がわかるという家の絵を描くことに。J、西川、高橋、岡田がほとんど同じ絵を描く奇跡が起こったものの、信頼している仲間は2人という結果になると、「LUNA SEA5人いるんだけど、増やしていいかな?」とJは慌てた様子でスタジオ内の笑いを誘っていた。

番組の最後は、高橋に教えられながら、MCのよゐこ・有野晋哉が発売したばかりのベルトをつけて変身の練習をすると、有野のゲーム番組になぞらえて、「課長ライダー!」のコメントで溢れた。また、本編放送前日にもかかわらず、「#ゼロワン待ちきれない」がTwitterのトレンド日本 6 位に入るなど、新ライダーへの期待感で大盛り上がりのファンにむけて、「新時代の幕開けを仮面ライダーゼロワンでできればと思います」と高橋が力強いコメントで締めた。

■『仮面ライダーゼロワン スタート前日特番』番組概要
放送チャンネル:AbemaSPECIAL
https://abema.tv/video/episode/90-1261s1p16
出演者:高橋文哉、岡田龍太郎、鶴嶋乃愛、井桁弘恵、J(LUNA SEA)、西川貴教

*AbemaTV提供写真