野球のU18W杯、2次リーグへ

高校日本代表、5日はカナダ戦

©一般社団法人共同通信社

2次リーグを前に握手を交わす佐々木(左)と奥川=韓国・釜山(共同)

 【釜山共同】韓国・釜山郊外の機張で開催されている野球の18歳以下によるU18ワールドカップ(W杯)は5日、2次リーグが始まり、1次リーグB組を4勝1敗の首位で突破した高校日本代表は、A組で2位のカナダとの初戦に臨む。A組では韓国、オーストラリアも勝ち上がった。同じB組の米国、台湾との対戦結果は持ち越しになるため、1勝1敗でのスタートとなる。

 日本は、試合がなかった4日は釜山郊外の施設で約2時間、非公開で練習。1次リーグで登板しなかった大船渡(岩手)の佐々木朗希投手ら、投手陣は全員がノースローで調整した。

 決勝、3位決定戦は8日に予定されている。