感触伝える手術支援ロボット導入

国内初、埼玉医大

©一般社団法人共同通信社

埼玉医大国際医療センターが日本で初めて導入した、感触を伝えることができる新世代の内視鏡手術支援ロボット=4日、埼玉県日高市

 埼玉医大国際医療センター(埼玉県日高市)は4日、新世代の内視鏡手術支援ロボットを、日本で初めて導入したと発表した。遠隔操作する医師に、手術器具が患部に触れた感覚を伝える先進的な機能を持ち、これまで大腸の腹腔鏡手術を10件実施したという。

 同センターによると、導入したのは米企業が販売する「センハンス・デジタル・ラパロスコピー・システム」。アームに圧力を感知するセンサーがあり、執刀医はコントローラーを通じて、患部に触った時の硬さや、糸で縫合する強さが感触で分かるという。

 従来の手術ロボットは器具が臓器などを傷つけても医師が気付かないのが欠点だった。