児相は一時保護要請と説明、出水

鹿児島県警「受けていない」

©一般社団法人共同通信社

鹿児島県出水市で女児が死亡した事件を受け、記者会見する県中央児童相談所の佐多士郎所長(左)と厚労省の担当者=4日午後、鹿児島市

 鹿児島県出水市の大塚璃愛来ちゃん(4)が死亡し、母親の交際相手の男が暴行容疑で逮捕された事件で、県中央児童相談所(鹿児島市)は4日、4月2日に県警が璃愛来ちゃんを保護した際、児童福祉法に基づく一時保護をすることを決めて県警に要請したが、母親が引き取りに来たため、実行されなかったと明らかにした。しかし、県警は要請を受けていないとしている。

 県警はこの際、児相から「女児が璃愛来ちゃんの可能性があれば、母親に連絡を取って引き渡してほしい」と言われたと説明。3月29日に保護をした際には、児相に対し「早急な一時保護を県警に委託する」ことを求めたとしている。