退職金名目で1億5千万円恐喝疑い 生コン労組幹部2人再逮捕

©株式会社京都新聞社

京都府警本部(京都市上京区)

 京都府警組対1課と南署などは4日、恐喝の疑いで、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部の執行委員長の男(77)=恐喝罪などで起訴=と、副執行委員長の男(46)=同=を再逮捕した。府警は認否を明らかにしていない。

 再逮捕容疑は共謀し、2014年8月、京都市南区の京都生コンクリート協同組合の男性理事(69)に対し、協同組合が設立に関わった運送会社を解雇された社員7人の処遇に言い掛かりをつけ、退職金名目で現金1億5千万円を協同組合から脅し取った疑い。

 府警によると、両被告は協同組合傘下の会社に支部員を派遣し、生コンの出荷業務を妨害するなどしていたという。