ガイドブックに載っていない!?台北で本当においしいCAおすすめの小籠包屋さん4店

©シーエーメディアエージェンシー/ハニーコミュニケーションズ

台北で行きたいとっておきの小籠包

台北といえば、人気の小籠包のお店がたくさんありますが、地元に愛されているガイドブックには載っていないお店もたくさんあります。

今回は地元の方や駐在の方の間で話題の小籠包のお店を4店ご紹介いたします。

 

濟南鮮湯包(ジーナンシェンタンパオ)

日本人駐在員の間で話題のコッテリ系小籠包 濟南鮮湯包

街の中心部にあるので便利なこちらのお店の小籠包は、日本人駐在員の間で話題の、脂たくさんのコッテリな肉汁たっぷりの小籠包です。

一つひとつの小籠包もとっても大きくてボリューム満点、コッテリ系のお味が好きな方にはオススメです。

他にもパリッパリの餃子に桜えびのチャーハンなど、どのメニューもとってもおいしいです。

お口直しに蒸しキャベツを注文することをお忘れなく!

日本語メニューがあって店内もキレイなので、日本人駐在員に人気なのも納得です。

濟南鮮湯包URL:https://www.facebook.com/Jinan.dumpling/

 

犁園湯包館

バジルとカキの小籠包

こちらの目玉はバジルとカキの小籠包。見た目ではわかりませんが、中にはバジルとカキがたっぷり!

意外な組み合わせではありますが、とっても相性が良くて、カキが強すぎないのでカキが苦手な方も食べられるかも!?

もちろんノーマルタイプの小籠包、ヘチマや蟹味噌の小籠包もおいしいのでぜひ試してみてくださいね!

 

南瓜芝麻包

デザートには南瓜芝麻包がおすすめです。

カボチャが練り込まれた皮で、包まれているのは黒ごま餡。

見た目の可愛さだけでなく、お味も絶品です。

店内も新しくて清潔で、台湾の若者が多いお店です。

犁園湯包館URL:http://liyuan-tangbao.blogspot.com/ 

 

金品茶語(キンピンチャゴ)

小籠包、台湾風パイ、麺類などを少しずつ一度に食べることができるので、たくさん注文しなくて台湾料理を存分に味わうことができます

こちらは「金品茗茶」という台湾のお茶の会社が経営をしているお店なので、美味しい台湾茶やタピオカミルクティーも小籠包と一緒に楽しめます。

こちらでのおすすめはランチセット。

セットの中に小籠包、台湾風パイ、麺類などを少しずつ一度に食べることができるので、たくさん注文しなくて台湾料理を存分に味わうことができますよ。

また、もともとがお茶屋さんということもあって、食後に美味しい台湾茶を飲みながら、ゆっくりとカフェタイムも過ごせるので、女子会にも最適です。

パッケージも可愛いこだわりの台湾茶もレストランでも販売しているので、お土産にも買って帰りたいですね。

金品茶語
URL:https://mandarin-restaurant-1240.business.site/

 

黄龍荘

小籠包にはやっぱり台湾ビールが合いますが、サービスでポットで出てくるごぼう茶もスッキリ美味しい

こちらのお店は街の中心地にはないのですが、筆者が大好きなとってもおいしい小籠包です。

皮と餡、スープのバランスが絶妙で、いくらでも食べれてしまう味です。

またヘチマ小籠包や餃子類にシュウマイ、鶏のスープ、チャーハンも何でもハズレがなくおいしいので、メニューが読めなくても問題ありません!

小籠包にはやっぱり台湾ビールが合いますが、サービスでポットで出てくるごぼう茶もスッキリした味わいでお口直しにもぴったりです。

日本語メニューはありませんが、優しい店員さんが丁寧に説明してくれます。

このお店に何回か行っても、一度も日本人に会ったことはないので、穴場中の穴場小籠包屋さんだと思います。

黄龍荘URL:https://www.facebook.com/%E9%BB%83%E9%BE%8D%E8%8E%8A-166004346883633/

 

穴場の小籠包屋さんにもぜひ足を運んでみて

今回紹介した小籠包屋さんは、どれも本当においしくてまだまだ日本では知名度が低いお店ばかりです。

ぜひ台湾旅行の際には有名店と共に、ローカルなお店にも足を運んで、本場の味と雰囲気を楽しんでみてくださいね!