【MLB】加藤豪将も「重要な役割果たす」 ヤンキース傘下3Aが奇跡的な大逆転で地区制覇

©株式会社Creative2

ヤンキース傘下3Aに所属している加藤豪将【写真:Getty Images】

終盤2イニングで13点を奪い逆転勝利、加藤は1安打2四球で3出塁

 ヤンキース傘下3Aスクラントンの加藤豪将内野手は、3日(日本時間4日)に本拠地で行われた地区優勝決定戦のメッツ傘下3Aシラキュース戦に「5番・左翼」でスタメン出場し、14-13での勝利に貢献した。スクラントンは終盤2イニングで13点を奪う大逆転でプレーオフ進出を決めたが、米野球専門誌は加藤について「重要な役割を果たした」と伝えている。

 スクラントンは初回に5点を失うと、打線も反撃できず。加藤も2回の第1打席で二飛、4回の第2打席では左直に倒れた。だが、6点ビハインドで迎えた7回から猛反撃。先頭ヒガシオカのソロ弾から一挙5得点。加藤も無死一塁から右前打でチャンスメークした。

 しかし、8回に一挙6失点で7点ビハインドに。万事休すかと思われたスクラントンだったが、その裏に再び先頭ヒガシオカが20号ソロをセンターに叩き込むと、続くクラッツが投前打で出塁。加藤も四球を選んで得点圏にランナーを進めた。そこから一挙8得点で大逆転。加藤はこのイニング2度目の打席も四球を選び、奇跡的な勝利に貢献した。

 米野球専門誌の「ベースボール・アメリカ」は「ゴウスケ・カトウはシラキュース戦で生まれた逆転劇の中で、3Aスクラントンにとって重要な役割を果たした」とレポート。本職の内野ではなく左翼でスタメン出場し、最後は一塁に回って勝利の瞬間を迎えた加藤について「安打と2四球で3度出塁した。また彼は2得点を記録した。カトウは万能な内野手として考えられてはいるものの、一塁の守備に就いて試合を締めくくるまでは、結局、左翼で8回をプレーしていた」と伝えた。

 スクラントンは4日(同5日)からレイズ傘下3Aダーラムと対戦している。(Full-Count編集部)