かつやとタッグ、幸楽苑「らーめんコロッケ」開発の台所事情

©株式会社マネーフォワード

ラーメンチェーンを展開する幸楽苑ホールディングス(HD)は、とんかつ専門店「かつや」などを手掛けるアークランドサービスホールディングスと業務提携すると発表しました。

2社がタッグを組むことで、どのような相乗効果が生まれるのでしょうか。9月4日の記者発表会に出席した、幸楽苑HDの新井田昇社長とアークランドの臼井健一郎社長の説明から探ります。


幸楽苑の不採算店舗をからやまに転換

今回の業務提携で幸楽苑HDは、アークランドの運営するからあげ専門店「からやま」のフランチャイズ契約を締結。幸楽苑の不採算店舗をからやまに業態転換し、ドミナント出店しているエリアでの自社内競合を解消することで、経営効率を改善する狙いです。

第1弾として9月13日に愛知県で「からやま岡崎伊賀店」をオープンする予定。新井田社長によると、幸楽苑が中部以西で苦戦する中、特にカニバリゼーションがひどいエリアについて検討した結果、「からやま」の業態が効果的だと考えて「臼井社長にやらせてほしいと話をした」といいます。

新井田社長と臼井社長が初めて会ったのは約4年前。どちらも1973年生まれで、年齢が同じということもあり、意見交換するなど公私ともに交流を深めてきたそうです。

「世代交代が起きる時代になっていく。われわれの時代で新しいチャレンジをやっていこう、業界に風穴を開けたいと意見が一致しました」と、新井田社長は業務提携に至った経緯を語りました。

「節操なくやっているわけではない」

業務提携にあたり、幸楽苑・かつや・からやまの3業態によるコラボレーションメニューの販売も検討中です。

幸楽苑では、かつや監修の「ソースカツ丼」。からやまでは、幸楽苑のラーメンのタレを使った「らーめんからあげ」を展開する予定です。

かつやでは「らーめんコロッケ」という、マッシュしたジャガイモにチャーシューやナルトなどを入れ、幸楽苑のラーメンのタレで味付けした商品を考案中です。「不思議なんですけど、食べるとラーメンの味がします」(臼井社長)。

幸楽苑HDはペッパーフードサービスともフランチャイズ契約を結び、これまでに「いきなり!ステーキ」を16店舗出店。ダイニングイノベーションとは「焼肉ライク」の郊外型モデルを共同開発しており、すでに2店舗オープンさせています。

いずれも自社競合の解消が目的で、アークランドとの業務提携は第3弾となります。これについて新井田社長は、報道陣から意見を求められる前に自ら口を開きました。

「『いろいろやりすぎでは』という意見もありますが、それぞれの立地に応じて一番最適な業態をはめ込み、転換することで全体最適を図れればという思いでやっています。決して節操なくやっているわけではありません」

FC事業で業績はV字回復

同社のいきなり!ステーキ店舗はペッパーフードサービスと同様に厳しい状態ですが、同社内では「ネガティブにはなっていない」といいます。

その理由は、いきなり!ステーキのフランチャイズ契約がきっかけとなり、幸楽苑HDの経営のV字回復につながったという意識があるため。個別のお店の努力で収益改善に取り組んでいる、と説明しました。

今年創業65周年を迎えた幸楽苑は、2018年11月に現会長の新井田傳(つたえ)氏から長男の昇氏に社長が交代。毎月1億円近くかけていた来店施策の「餃子無料券」を廃止するなど販促費削減を進めたほか、高付加価値商品の投入もしてきました。

期間限定で復活する「中華そばクラシック」

一時は赤字に転落していましたが、2019年4〜6月期の決算報告書によると、売上高は100億円(前年同期比6.7%増)、本業の儲けを示す営業利益は3億4,100万円(前年同期は1,600万円)と増収増益になっています。

アークランドとの業務提携で、新たな業態を手に入れた幸楽苑。双方の店舗を合わせた約1,000店が対象の販促施策も共同実施する予定です。ラーメンと揚げ物のタッグで、外食業界に新たな風を吹かせられるでしょうか。