日ロ首脳会談、共同活動の推進へ

平和条約巡り協議

©一般社団法人共同通信社

会談前、握手するロシアのプーチン大統領(右)と安倍首相=5日、ロシア・ウラジオストク(共同)

 【ウラジオストク共同】安倍晋三首相は5日、ロシア極東ウラジオストクでプーチン大統領と会談した。北方領土問題を含む平和条約締結交渉の推進を巡り議論。ロシア側は北方領土の実効支配を強めており、返還を目指す日本の立場との溝は深い。首相は両国による4島での共同経済活動の早期実現を再確認し、事態打開につなげたい考えだ。

 首相がプーチン氏と直接会談するのは通算27回目。平和条約交渉について、6月の会談で大筋合意を実現できなかった経緯を踏まえ、仕切り直しを図る。1956年の日ソ共同宣言に基づき交渉を加速させるとの合意に沿い、交渉前進を図ると申し合わせる方針だ。