台風15号 西~東日本接近のおそれ 早めの備えを

8日(日)~9日(月)に西日本・東日本に接近か

©株式会社ウェザーマップ

 5日午後3時に発生した台風15号は、7日(土)頃に暴風域を伴い小笠原諸島へ接近する見込み。強風や高波に注意が必要だ。その後、台風は8日(日)から9日(月)にかけて西日本や東日本に接近する可能性があり、強風や高波、大雨の影響を受けるおそれが出てきた。

小笠原諸島に接近後、日曜~月曜に本州へ

 台風15号は5日午後3時、南鳥島近海にあり、1時間におよそ20キロの速さで北西へ進んでいる。中心の気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。今後、台風は発達しながら北西に進み、7日頃に暴風域を伴い小笠原諸島に接近する見込み。その後、次第に北よりに進路を変えて、8日から9日にかけて西日本や東日本に接近するおそれがある。

 小笠原諸島では、6日から風が強くなり、海はしける見込み。強風や高波に注意が必要だ。西日本や東日本では、台風の接近に伴い、8日および9日に強風や高波、大雨の影響を受けるおそれがある。今後の台風情報に注意が必要だ。