韓国検察、政権と衝突か

法相候補娘の疑惑捜査で

©一般社団法人共同通信社

 【ソウル共同】韓国の法相候補に指名されたチョ国氏の娘の大学不正入学疑惑などを巡り、聯合ニュースは5日、韓国検察が文在寅政権と与党「共に民主党」による「捜査介入」があったとして反発を強めていると報じた。政権側は介入の事実はないと否定。チョ氏の人事聴聞会が6日に迫り、検察と政権側が衝突する異例の展開となっている。

 聯合によると、大統領府高官が韓国メディアに一部の疑惑を否定する発言をしたほか、李洛淵首相が5日、「検察が広範囲で家宅捜索に入り、国会が持つ人事聴聞手続きや検証の権限に影響を与えるのは適切ではない」と言及し、検察の反感を買ったもようだ。