戦犯企業不買条例を可決

©一般社団法人共同通信社

 【釜山共同】韓国南部の釜山市議会は6日、日本の特定企業を「戦犯企業」と定義し、市などが今後その企業の製品を購入しないよう努力義務を課す条例案を可決した。