星野源が歌う「♪どどどどどどどどど ドラえもん」が新OP曲に決定!

©株式会社東京ニュース通信社

10月5日より毎週土曜午後5時に“お引っ越し”をする「ドラえもん」の主題歌が星野源の「ドラえもん」に決定した。星野は「『ドラえもん』という歴史あるレギュラーアニメの新たなオープニングテーマにぜひこの曲を、というお話を聞いて、うれしくて、うれしくて飛び上がりました」と喜びを爆発させている。

オープニングテーマに決まった「ドラえもん」は、2018年に劇場公開された「映画ドラえもん のび太の宝島」の主題歌として書き下ろされたもの。軽やかなメロディーと作品の世界観を表現した歌詞、そして何といっても「♪どどどどどどどどど ドラえもん」という印象的なフレーズが、子どもから大人まで幅広い年代の心をわしづかみにしている。映画主題歌がテレビアニメの主題歌に採用されるのは、放送40周年を迎えた「ドラえもん」の歴史の中でも初めてで、星野は「ドラえもんと藤子先生のことを数カ月考え続け、心血注いで曲を作ってよかったと、音楽家としてとても誇らしい気持ちです」と話している。

さらに、10月からはサバンナ・高橋茂雄とスネ夫がタッグを組んだ新ミニコーナー「スネ夫としげお」がスタートする。芸能界きっての「ドラえもん」通として知られる高橋は、17年から「映画ドラえもん」のゲスト声優を3年連続で務めており、その舞台あいさつでスネ夫とも意気投合。新コーナーは、意外と気の合う2人(!?)が、夕日をバックにひみつ道具をテーマにしみじみと語り合っていく。