台風15号 8~9日にかけて強い勢力で東日本にかなり接近、上陸のおそれ

©株式会社ウェザーマップ

 台風15号の接近に伴い、小笠原諸島では7日は猛烈な風が吹いて大荒れとなり、海上はうねりを伴って大しけとなる見込み。暴風に厳重に警戒し、高波に警戒が必要となる。台風は今後、強い勢力となって8日から9日にかけて東日本にかなり接近し、上陸するおそれがある。

雲域がコンパクト天気の急変に警戒を

 台風15号は、6日午後3時には、南鳥島近海にあって1時間におよそ35キロの速さで北西へ進んでいる。中心の気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は35メートルとなっている。
 今後、台風15号は発達しながら北西に進み、7日午後には暴風域を伴って小笠原諸島にかなり接近する見込み。
 その後は次第に北よりに進路を変えて、強い勢力となって8日から9日にかけて東日本にかなり接近し、上陸するおそれがある。
 この台風の雲域は比較的小さいため、接近する地域では、急に風が強まり、波が高くなる見込みだ。

暴風・高波

 小笠原諸島では、台風の接近に伴い急に風が強まり、7日昼過ぎから夕方にかけて猛烈な風が吹き、大荒れとなる見込み。海上では、急に波が高まり、7日昼過ぎから夜遅くにかけて、うねりを伴った大しけとなるおそれがある。
 東日本では、8日は急に風が強まり、9日にかけて非常に強い風が吹き大しけとなるおそれがある。暴風に厳重に警戒し、うねりを伴った高波にも警戒が必要となる。

大雨・雷 8日~9日は大雨に

 小笠原諸島では、台風の接近に伴って、7日昼過ぎから夕方にかけては雷を伴って激しい雨が降り、大雨となるおそれがある。東日本では太平洋側を中心に、湿った空気が流れ込むため局地的に激しい雨が降る見込みだ。
 台風が接近する8日から9日には大雨となるおそれがある。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒し、落雷や突風にも注意が必要となる。