横浜市がパートナー証明へ

LGBTカップル、年内めど

©一般社団法人共同通信社

 横浜市の林文子市長は6日、性的少数者(LGBT)のカップルを結婚に相当する関係として認める「パートナーシップ制度」を導入すると明らかにした。年内のスタートを目指す。市議会の質疑で答えた。

 市の担当課によると、議会の議決を必要とせず、市長が判断できる「要綱」を定めて実施する。市役所内で宣誓書に署名をしたパートナーに、受領証などの発行を検討している。事実婚カップルを対象とするかどうかは未定。

 これまで市にはLGBT当事者から制度導入を求める要望があり、担当者は「市としてパートナーと認めることで、市民の理解を促していきたい」と説明した。