下痢など訴え児童118人欠席 川崎・橘小が臨時休校

©株式会社神奈川新聞社

川崎市役所

 川崎市教育委員会は6日、市立橘小学校(高津区、児童数849人)で多数の児童が嘔吐(おうと)や下痢の症状を訴えて欠席の連絡があったことから、同日を臨時休校にしたと発表した。9日も休校する予定。入院した児童はいないという。

 市教委によると、5日午前中に児童3人が嘔吐などの体調不良で早退。さらに6日朝までに、計118人の児童の保護者から欠席の連絡があったという。学年別では3年生が74人と多かった。市保健所は食中毒か感染症の疑いがあるとして、児童の便などを調べている。