【特撮・アニメヒーロー図鑑】ミラーマン - 三次元を救うために二次元世界からやってきた!

©株式会社ライトアップ

円谷プロが「ウルトラシリーズ」以外に初めてチャレンジした巨大ヒーローがこのミラーマンです。第二次怪獣ブームのさなかに登場、視聴率争いでもなかなかに健闘したヒーローです。ちなみに裏番組は「シルバー仮面」でした。

三次元を救うために二次元世界からやってきた!

ミラーマンに変身する主人公は新聞社のカメラマン、鏡京太郎。もう名前からしてミラーマンになる運命にありました。

京太郎の母・優子は地球人ですが、父はなんと異次元人である先代ミラーマン。異次元世界は「二次元」というんですから平面の世界だったわけですね。三次元人の母と二次元人の父から生まれた京太郎はさしずめ2.5次元人?

地球を狙うのは「インベーダー」。宇宙からの侵略者です。
惑星X(デビル星)から「環境の優れた」地球への移住を目論んでいるというストーリーなんですが、かなり無理があります。というのも、デビル星人は光に弱く、地球に姿を現す時には光にあたらないようにマスクをしたりサングラスをかけたりしているのです。
なんぼ地球が緑色をしていてキレイだからといって、太陽光線が降り注ぐ環境でどうやって生きていけるんでしょう。まさか核爆発でもさせて暗雲に覆われた世界を造ろうとしていたのでありましょうか?デビル星人の発想、地球人には理解できません。

ミラーマンの行動はなかなか特徴的でした。
鏡や光の反射をつかって瞬間移動する、というのが斬新でした。ウルトラマンは空を飛べましたが、その能力はなかったのです。ちなみに鏡の中にいる時に割られたらアウトです。そこは露骨な弱点ですね。

ミラーマンは途中からベルトにウルトラマンのようなカラータイマーがついたのです。これはインベーダーによって仕掛けられた体内爆弾が起動しないようにするため。一定量のエネルギーを使うと爆発する仕掛けだったのです。そこでエネルギー残量計としてカラータイマーがついたのでした。ウルトラマンもそうですが、ヒーローには何かしら制約があったほうがスリルが増すっていうところがありますよね。

ゴールデン横丁の仲間たち | Dr.近藤(ドクター こんどう)

特撮・アニメヒーロー図鑑|ゴールデン横丁