【U-18W杯】日本、宿敵韓国に延長10回サヨナラ負け 決勝進出は極めて難しい状況に…

©株式会社Creative2

侍ジャパンU-18代表は韓国代表に延長10回サヨナラ負けを喫した【写真:荒川祐史】

延長10回に一時は武岡の2点タイムリーで勝ち越しも…その裏にミスも重なりサヨナラ負け

■韓国 5-4 日本(6日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は6日、スーパーラウンド2戦を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表は延長10回、4-5で韓国にサヨナラ負け。決勝進出の可能性は残っているが、悲願の世界一は極めて厳しい状況となった。

 波乱の幕開けとなった。先発の佐々木が右手中指の出血で1回19球で緊急降板。それでも2回からは「5番・右翼」でスタメン出場の西がマウンドに上がり序盤からDHを解除する総力戦。西も期待に応え5回まで無失点の好投を見せ降板。6回は飯塚が韓国打線を2奪三振無失点に仕留め流れを作り試合は終盤戦へ。

 好投を続ける投手陣に打線は7回に援護。2死一、二塁の好機を作ると、ここで今大会初めてスタメンから外れた熊田が代打で登場。期待に応える右前タイムリーを放ち先制に成功。さらに続く水上も中前適時打で続きこの回2点を奪った。

 だが、その裏に登板した左腕・林がバント処理で一塁へ悪送球し1点差に。ここで日本は池田を投入したが1死満塁から押し出し四球で同点に追い付かれると最後は中犠飛を浴びサヨナラ負けを喫した。永田監督はチャレンジを要求したが判定は覆らなかった。

 延長10回は無死一、二塁から始まるタイブレーク。日本は番・森が犠打を決め1死二、三塁のチャンスを作ると武岡が右越へ2点タイムリー二塁打で勝ち越しに成功した。

 だが、その裏に登板した左腕・林がバント処理で一塁へ悪送球し1点差に。ここで日本は池田を投入したが1死満塁から押し出し四球で同点に追い付かれると韓国打線を止められずサヨナラ負けを喫した。

 日本は6日の豪州戦に勝利すれば、決勝進出する可能性は残っているが、悲願の世界一は極めて厳しい状況となった。(Full-Count編集部)