「断れずに複数回…」覚醒剤所持の高校職員を懲戒免職

©株式会社神戸新聞社

兵庫県庁3号館=神戸市中央区下山手通5

 覚醒剤を所持した疑いで逮捕、起訴された兵庫県立伊丹西高の男性事務職員(33)について、県教育委員会は6日、懲戒免職処分にしたと発表した。

 県教委によると、職員は7月下旬、インターネットで知り合った男性からビジネスホテルで覚醒剤約0.5グラムと注射器を受け取って自宅に持ち帰り、同31日に甲子園署に現行犯逮捕された。県教委の聞き取りに「昨年1月ごろからネットを通じて知り合った人に覚醒剤をすすめられるようになり、断れずに複数回使った」などと説明したという。(佐藤健介)