“愛車”で東京を巡るバスツアー2本立て! 芸能界福岡県人会のアノ人やコノ人も登場

©株式会社東京ニュース通信社

フリーアナウンサー・羽鳥慎一とKBC九州朝日放送・宮本啓丞アナが司会を務める月1回の番組「羽鳥×宮本 福岡好いとぉ」。9月9日(午後6:55)の放送回は、前回に続いてスタジオを飛び出すだけでなく、今回初めて福岡をも飛び出し、東京でバスツアーを敢行する。

乗車するのは、番組仕様にラッピングされたおなじみの「はとりばす」だ。毎月、福岡ゆかりの有名人を乗せて福岡県内を駆け巡ったこの車両が今回、関門海峡を越え、16時間かけて東京へと移動したのだ。

羽鳥と宮本アナ共に乗り慣れた“愛車”へ乗り込むと、そこにはゲストで福岡県大川市出身の陣内孝則が待ち受けていた。東京で芸能界福岡県人会を立ち上げるほど“福岡愛”にあふれる人物だ。途中から同県人会メンバーのアノ人やコノ人も加わり「福岡あるある」や同県人会の裏話も飛び出す展開に。陣内が惚(ほ)れた東京の美食名店も紹介される。あまりのおいしさに羽鳥がカメラを忘れて食べる場面も見られそう。

番組後半は羽鳥の仕切りで宮本アナをもてなす東京バスツアーへ。団地鑑賞が趣味という“建物マニア”宮本アナのために、銀座のど真ん中にあるレトロなビルを見学。そこには個性的なテナントが出店していた。さらに、東京のど真ん中ながら2000坪の庭園を持つ店へと案内。安倍首相やタモリも通うという絶品の豆腐料理を味わう。

<下川博之プロデューサーコメント>

番組のシンボルであるド派手な「はとりばす」が大都会・東京を走ったら面白いだろうなと、会議で盛り上がり、ノリで決めちゃいました。(「はとりばす」を所有する西鉄の)運転手さんまで巻き込むことになりましたが、16時間かけて福岡から東京へ走った後は「きつかったけど羽鳥さんがいつも『好きです、西鉄』と言ってくれるけんね、頑張れたと!」とのこと。その車内にはスタッフも数名乗車。ロケ前日に出発し、果たして無事到着するのか?と、某局の24時間マラソンランナーを待つ人の気持ちが分かりました(笑)。僕は飛行機で先に東京入りしてたのですが、到着の一報が深夜11時にスタッフから入り「無事でよかった~」とロケ前にプチ感動でした。

東京の「はとバス」を意識してネーミングした「はとりばす」ですが、冒頭のバス乗り込みシーンを撮影しようとしたら、目前に本家の「はとバス」が駐車。奇跡の出合いに羽鳥さんも宮本アナも大興奮! スタッフが仕込んだわけでもないため、僕らも爆笑でした。

そんな中、東京の町を「はとりばす」が走ると、道ゆく人が指を指す!(車内からは)何と言ってるか聞こえないのですが、口の動きから「あのバス、羽鳥さん!」と。羽鳥さんは福岡と違い、東京を「はとりばす」が走ると「何か恥ずかしい…」と一言(笑)。一方、福岡出身の名だたるスターが東京で集う「芸能界福岡県人会」。その発起人である陣内孝則さんがゲストで登場し、「番組的プチ福岡県人会」を開催することに。そこで繰り広げられるトークを聞いていると、「東京で第一線で活躍する人でも、古里・福岡がホントに好きなんだな」と福岡出身の僕らもうれしくなりました。視聴者の皆さんもきっと同じ気持ちになるハズです。また、陣内さん一押しの東京グルメは、僕もプライベートで絶対立ち寄ろうと思いました。