「LIFE!」と「なつぞら」がコラボ。山田裕貴は田中直樹演じるゲス記者・西条のえじきに!?

©株式会社東京ニュース通信社

「LIFE!」と「なつぞら」がコラボ。山田裕貴は田中直樹演じるゲス記者・西条のえじきに!?

9月7日放送の「LIFE!~人生に捧げるコント~」(NHK総合)と、連続テレビ小説「なつぞら」(NHK総合ほか)のコラボが実現! なつ(広瀬すず)の親友で、菓子店「雪月」の職人・小畑雪次郎役の山田裕貴さんとアニメーター・下山克己役の川島明さんが、田中直樹さん演じる西条記者から、“ゲスな質問”をされるコント「囲み取材」に登場します。

舞台は「なつぞら」取材会…ではなく、イケメン過ぎるフレンチシェフ・野崎涼真の新作チョコレート発表会見。野崎を演じるのはもちろん山田さんです! そして、川島さんはイケメンシェフにチョコレートのプロデュースを依頼した「ショコラ・ドゥ・ラ ヴィ」広報で、発表会見の司会を務めます。カメラリハーサル(カメリハ)が始まる前、ふと山田さんを見ると、すでに役に入っている様子。やたら髪の毛を触るちょっといけ好かないイケメンすぎるシェフ・野崎がそこにはいました。“こんなシェフいそうだな~”なんて思っていると、カメリハがスタート。

ここぞとばかりにゲスな質問をする西条に、野崎が応戦します。中でも、クルクルと華麗なターンで西条に近づいていく様子がとても面白かったのですが、本番では違うパターンで西条に接近していました。また、西条を演じる田中さんは「なつぞら」フリーク。毎日見ているからこそポンポンと飛び出す西条のアドリブに、記者役の中川大志さんや塚地武雅さんは笑いをこらえきれず、メモ帳で顔を隠すことも。そんなコント「囲み取材」を収録した皆さんを“本物の記者たち”が囲みました!

──「なつぞら」に出演されている山田さんと川島さんに伺います。「LIFE!」に出演されていかがでしたか?

山田「めちゃくちゃ出たかったんです。僕はお笑い芸人さんをリスペクトしていて、お笑いという職業がすてきだなと思っていまます。ドラマや映画よりお笑い番組を見ているくらい大好きなんです。本当はダメなんでしょうけど(笑)。だから今回、すごい方々と共演させていただいて緊張しました。でも、大げさに動いたら監督に『抑えて』と言われたので、本当のお笑いは難しいなと痛感しました。またリベンジしたいです」

川島「僕は芸人として普通に『LIFE!』に出たかったです。まさか『なつぞら』から裏口入学みたいに出演するとは思っていなかったです(笑)。でも、呼んでいただいてありがたかったです。ゲス(西条)にも会えましたし。『本物や』と思いながらやっていました。山田くんや中川くんと言っていたんですけれど、ちょっとドラマとは違う緊張感がありました」

山田「(しみじみと)はい、ありました」

──では、 「LIFE!」のレギュラーでもある中川さんは、山田さんと川島さんにアドバイスされたことはありますか?

中川「いやいや、アドバイスなんてとんでもないです。でも、先ほど記者さんから『なつぞら』のお二人に質問が…と言われた時に、完全に僕はこっち(LIFE!)側の人間なんだなと…」

一同「あははは」

川島「『なつぞら』ではないと(笑)」

中川「でも、本当に不思議な感じです。ついさっきまで川島さんと『なつぞら』の収録をしていたんです。『なつぞら』の現場で、“『LIFE!』に間に合わないぞ!”と言っていたんです。こうやって別のキャラクターでお二人と、それも『LIFE!』で共演できるとは思っていなかったので、すごくうれしかったです。不思議な気持ちでドキドキしました」

川島「今、ふと思ったんですけど、僕は山田くんと『なつぞら』で共演はしていないんです。一緒の画面に映ったのは『LIFE!』が初めてなのでありがたいです」

──それでは、塚地さん、田中さんは『なつぞら』に出演している3人と共演していかがでしたか? また、コント「囲み取材」の収録後に、記者に囲まれてどんなお気持ちですか?

田中「毎朝、楽しみに見ている『なつぞら』の3人がそろっていることに対してすごく緊張しました。でも(収録では)一番先輩なので、緊張を隠すのに必死でした。それくらい純粋にうれしかったですね。川島とは付き合いが長いんですけれども、コントを一緒にするのは初めてだったりするんです。また、山田くんとは『はじめまして』なんですけれども、初めてという感じはせず、しっくりくる感じだったのが印象深かったです。囲まれてみての感想は…囲む方がいいですね(笑)。囲まれる側の方が緊張しちゃいます」

塚地「僕の現在の楽しみが『なつぞら』と(アメリカのテレビドラマ)『ウォーキング・デッド』のシーズン9。その二つが毎日楽しみにしていることなんです。今朝も見ていたドラマの中の3人が飛び出してきた感じだから不思議です。裏話なんかも聞かせていただいてうれしかったです。『なつぞら』のオープニングで流れるスピッツの『優しいあの子』をずっと歌っているくらい見ているので、貴重な時間でした。『NHKっていい仕事だなー(西条風に)』という気持ちになりました」

田中「コントのくだりとかすごく楽しかったよね」

── コント「囲み取材」が7年続いていることについて、田中さんが感じていることはありますか?

田中「7年も続いていることが自分でもびっくりしています。みんなゲスいことが好きなんだなと思っています(笑)。ゲスいことがなくならないから、このコントもまだ続けていられるのかなって」

──7年間の中で「囲み取材」のコントに変化はありましたか?

田中「雑誌記者同士の関係性みたいなものができていて、一つの物語みたいに広がっているのが楽しいです」

塚地「僕は『週刊サファイア』の記者という役なんですけれども、太ったアンタというキャラが定着しているのが腑に落ちないです。なんですか、太ったアンタって…」

──(笑)。ありがとうございました!

コント「囲み取材」では、確かに毎回「太ったアンタ」といわれている塚地さん。ぼやきながらもなんだか楽しそうでした。ちなみに、中川さんは「やせたアンタ」と言われていましたが、こちらも定着するのでしょうか? そして、西条のゲスな質問に野崎はどんなリアクションを見せるのか。ほかにも、ヒロインのなつが、坂場一久(中川)にプロポーズされるシーンに内村光良さんのマネジャーと名乗る真壁(内村光良)が現れ、収録に口出ししてくるコント「なつよ、俺が真壁だ」や、広瀬さんが『なつぞら』エピソードを語りまくるトークコーナーもあるので、お楽しみに!

【番組情報】


「LIFE!~人生に捧げるコント~」
NHK総合
9月7日 午後8:15~8:43

NHK担当 K・H