中国、米農産品購入を提案か

制裁関税引き上げ延期が条件

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】米政治専門サイトのポリティコは6日、中国が米国に対し、10月の制裁関税第1~3弾の税率引き上げ延期を条件に、適量の米農産品購入を提案したと報じた。中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に対する禁輸措置緩和も求めた。今月中旬に開かれる次官級貿易協議での主要議題になりそうだ。

 中国側が今週行われた電話協議で打診した。貿易協議が進展すれば、トランプ大統領が制裁関税第4弾の残る12月15日分の発動先送りも検討するという。消費財が多いため米経済への悪影響を警戒しているとみられる。