アマゾン火災への対策で協力

南米の関係国首脳ら署名

©一般社団法人共同通信社

6日、コロンビア南部レティシアでの首脳級会合に出席したドゥケ大統領(右)とペルーのビスカラ大統領(AP=共同)

 【サンパウロ共同】世界最大の熱帯雨林があるアマゾン地域にまたがる関係国が、ブラジルやボリビアのアマゾンで起きている火災への対応を協議する首脳級会合が6日、コロンビア南部レティシアで開かれた。各国はアマゾンの火災を防止し、軽減するために協力することを確認する協定に署名した。

 アマゾンの約60%があるブラジルのボルソナロ大統領は、首都ブラジリアからテレビ電話で参加し、火災への対応を巡り対立するフランスのマクロン大統領を改めて批判。「アマゾンはわれわれのものだ。(先進国は)その鉱物資源などを支配しようとしている」と、持論を繰り返した。