ナダル、メドベージェフが決勝へ

全米テニス、男子シングルス

©一般社団法人共同通信社

男子シングルス準決勝 サーブを放つラファエル・ナダル=ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】テニスの全米オープン第12日は6日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス準決勝は四大大会で18度の優勝を誇る第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)と第5シードのダニル・メドベージェフ(ロシア)が勝ち、8日(日本時間9日早朝)の決勝で対戦することになった。

 33歳のナダルは第24シードのマッテオ・ベレッティーニを7―6、6―4、6―1で退け、2年ぶりに決勝進出。23歳のメドベージェフはグリゴル・ディミトロフを7―6、6―4、6―3で下し、四大大会で初めて決勝に進んだ。