台風15号 東日本に上陸するおそれ

©株式会社ウェザーマップ

台風15号が、暴風域を伴って8日夜から9日午前中にかけて東日本にかなり接近し、上陸するおそれがあります。

8日は、東日本太平洋側では午後はくもりや雨となり、夕方以降は雷を伴った非常に激しい雨の降る所があるでしょう。また、関東や東海、伊豆諸島では猛烈な風が吹き、伊豆諸島では猛烈なしけとなる所がある見込みです。暴風や高波に厳重に警戒し、大雨による土砂災害などに警戒して下さい。
この台風は、接近に伴い急に雨や風が強まる特徴があります。油断せず、早めの台風対策を心がけてください。

また、西日本の太平洋側や南西諸島でも雨が降り、雷を伴って激しく降る所もありそうです。
その他の地域では晴れるでしょう。

気象予報士・原田 雅成

画像について:7日午後4時の台風15号の位置と進路予想。