サーフィン、松田と脇田2回戦へ

ワールドゲームズが開幕

©一般社団法人共同通信社

女子1回戦 波を攻める松田詩野=宮崎市の木崎浜海岸

 東京五輪の出場権が懸かるサーフィンのワールドゲームズ(WG)が7日、宮崎市の木崎浜海岸で開幕して女子の1回戦18組までが行われ、松田詩野と脇田紗良がともに2回戦へ進出した。

 1回戦は3~4人一組で実施。20分の制限時間内で自由に波に乗り、得点の高い2本の合計点で競う。1組の松田は9.37点、16組の脇田は12.43点で、ともに1位通過した。20組の前田マヒナは8日に登場する。

 WGは世界選手権に相当し、アジア最上位になれば条件付きで五輪の出場権を得る。今大会は史上最多55の国・地域から240人が参加する。