フェアレディ432R/日産 - 4バルブ3キャブレター2カムシャフト

©ゴールデン横丁合同会社

ハコスカのGT-Rに搭載されたS20型 DOHCエンジンと同じ

・モデル名 :フェアレディZ432R
・世代/型式:初代
・メーカー名:日産
・年式   :1972
・撮影場所 :横浜ヒストリックカーデイ(2016)

完成度の高いスタイリングと優秀なスペック、そしてなによりもリーズナブルな価格設定がみごとにはまって北米で大ヒットした「DATSUN Z car」こと初代フェアレディZ。
このモデルはその最強バージョンである432Rだ。「432」とは「4バルブ・3キャブレター・2カムシャフト」の意味で、エンジンの構造を表しているのは周知のとおりだね。これも言わずもがな、あのスカイライン(ハコスカ)GT-Rに搭載されたS20型 DOHCエンジンと同じものだ。
さらに競技用ベース車両のR仕様となると、軽量化のためにヒーターやラジオなど快適装備は一切なし、エンジンフードはFRP製、ウィンドウにもアクリルを採用するなど徹底的にチューニングを施したマシンに仕立てられたね。

旧車ギャラリー|ゴールデン横丁

クイズ・旧車千本ノック|ゴールデン横丁