国際色豊かに行進 サーフィンWG開幕

©株式会社宮崎日日新聞社

55カ国・地域のトップサーファーが集結した「ワールドゲームス」。オープニングセレモニーで選手らが旗を振り、開幕した=7日午後、宮崎市・KIRISHIMAヤマザクラ県総合運動公園第2陸上競技場

 2020年東京五輪の各大陸予選を兼ねた、サーフィンの世界選手権「ワールドゲームス」は7日、宮崎市の木崎浜で開幕した。出場する55カ国・地域の選手らによるパレードとオープニングセレモニーに続き、女子の1回戦や音楽イベントを実施。国内外からファン約1万5千人(主催者発表)が詰め掛け、世界最大級のサーフイベントは初日から盛り上がった。